読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここ最近のUSDJPYが予想以上に円高気味ですが、順張りシグナルはすこぶる順調です

110円を割ってくる局面 下落トレンドの途中で入りなおす場合は押し目買い・戻り売り用のシグナル(メルマガ読者限定の別売)が便利です。 3月23日のシグナルの事例 50Pips位上がって、80Pips位下がって、凸凹してきましたが、こういった場合は分割でオーダー…

3月17日の順張りのシグナルの事例と分割でトレードする方法

順張りトレードのUSDJPYのシグナル事例です。 USDJPYは円高傾向にありますので、売りの方が流れが強く出ています。 3月17日の日中はレンジ気味でしたので、夜はブレークしていった方向に強く動きました。 シグナル確定後にプライスが戻ってくる場合のトレ…

勝率の高い順張りトレードの3月15日頃からののシグナル事例と戻り売りの事例

ご連絡:各商品の値上げのご連絡 来週から2万円に値上げします。 いろいろとご紹介頂いてお問合せも増えました。 そして、作業も増えました。。。 ぼちぼち売れるぐらいがちょうど良いので、値上げします。 3月20日からDLMarketもfxonも値上げをします。…

勝率の高い順張りトレードの3月14のシグナル事例

3月14日のシグナルの事例を掲載しておきます。 USDJPY トレンドの転換で色が変わるので青で買い、オレンジで売るだけです。 ATRで変動するターゲットも同時に出現します。 足が確定するとシグナルのリペイントはしません。 3月14日は上がって、下がっ…

3月13日からサマータイムが始まっています。

今日から夏時間が採用されています。 ニューヨークのオープンが1時間早くなっていますのでご注意ください。 順張りの事例です USDJPY 先週末金曜日のUSDJPYのサンプルです。115.50円まで来ていたので一度調整も含めて円高に振れたかなという流れでしたね。 …

3月9日からの順張りトレードのチャートサンプル

チャートは昨日の記事の続きになっています。 順張りの事例です USDJPY 円安トレンドにどうやら入っているようなので 買い のシグナルだけ狙っていくとテンポ良く勝ちトレードが積みあがっていきます。 動画でシグナルの出方を確認する www.youtube.com 過去…

3月8日のトレード事例は3月7日のチャートの続きから

チャートは昨日の記事の続きになっています。 順張りの事例です USDJPY 円高方面に少し動いたあと、ドル買い!になりました。 シグナル通りのトレードで結構とれますね。 非売品でメルマガの方に試供品で提供したシグナルを合わせると、 押し目買いのポイン…

3月7日の東京市場はレンジ相場でした。。。順張りの事例を掲載しておきます。

今日も時間がないので順張りの事例だけ掲載しておきます。 順張りの事例です USDJPY 朝からキレイなレンジでした。。。 こういう時は何もできませんね。 シグナルも出ず『何もするな』というメッセージですね。 夕方からちょっと動きましたが、その時はシグ…

2017年3月6日の週にメルマガで配布する予定の無料ツールについて

今日から新しい週が始まりました。 来月から次の四半期が始まるので、いろいろと作業があって今月は月初から忙しくしています。

3月3日のトレード事例

順張り、逆張り、手法の3つのトレード事例をだだーっと並べてみます。

押し目買いと戻り売りのチャンスを狙えるインディケーター

ドル買いモードに入っているので、昨日も円安トレンドでした。 順張りのシグナルの事例はこちら ターゲット3にタッチして一度戻されてから、再度上昇トレンドに入りました。 最初のシグナルでトレードできていたらかなりおいしいトレードになっていますが、…

順張りトレードの無料トライアルの応募方法

いつもブログを見て頂いている方、そしてまだ見ていない潜在的な10万人くらいの読者の皆様、お世話になります。 日々更新している順張りトレードのシグナルですが、販売プロモーションとして1週間無料トライアルを行う事になりました。 順張りトレード ご…

”勝率の高い”順張りトレードのシグナル事例 随時更新中 

販売中の順張りトレードのシグナル事例を随時更新していくページです。 順張りトレードの事例を一気に見たい方向けのページです。 本商品は大手ダウンロード販売サイトでご購入頂けます。 DLMarket "勝率の高い"順張りトレードシステム(ノーマルモード)の…

この前紹介した順張りトレードをパッケージにして販売スタートしました。

先日の記事でご紹介したトレード手法の1つ、順張りトレードをパッケージにしてDLMarketで販売をスタートしました。 www.mt4template.com さっそく今日のチャートを見ながら振り返ってみたいと思います。